叢生って何?|大阪市の矯正歯科 | 野田阪神駅徒歩2分のはしもと矯正歯科

はしもと矯正歯科

0664538599

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00

休診日月曜、祝日
※その他学会・研究会主催日は休診いたします

お問い合わせ

初診相談

医院案内・アクセス

症例紹介

叢生って何?

images

images

症例情報

             
お悩み 下の前歯が舌に引っかかって喋りにくい
矯正法 舌側矯正・裏側矯正、透明で目立たない矯正
年代 20代
治療期間 28か月
性別 女性
治療のリスクについて

このケースでは歯の裏側に装置が装着されておりますので,初期段階では会話時などは舌先に装置が当たって炎症が起きる場合があります.数日から1週間程度で慣れますが,最初は注意が必要です.

費用 約80万円(税抜)

矯正のきっかけ

顎の骨の上に歯が並びきらない場合、歯が綺麗に並ばず凸凹、互い違いに並んでしまう場合があり、これを矯正歯科の世界では叢生と呼んでいます。

 

用語としては「木や草が群がって生えている様子」の事ですが、2017年4月の時点でgoogle検索をすると、1,770,000件ヒットしてその殆どが矯正歯科関連のページでしたので、むしろ歯科用語の方が市民権がありそうです。

 

叢生は叢生単独で発生する場合や上顎前突、下顎前突に伴う場合もあり、見た目がよろしくないばかりでなく磨き残しの根本要因となり、歯科疾患の原因でもあります。

 

このケースでは矯正用インプラントを併用することによりヘッドギアーやエラスティックなどの自助努力なしに装置装着から撤去まで約1年8ヶ月と比較的短期間で治療することが出来ました。

治療詳細

images

正面・・下の前歯が内側に入って見えないし,舌に引っかかって喋りにくかったそうです

images

上顎・・前歯の捻れが目立ちます

images

側面・・この角度では少し出っ歯気味であることが分かります

images

正面・・叢生は概ね解消され,随分喋りやすくなったみたいです

images

上顎・・この時点ではまだインプラントは植立していません

images

側面・・下前歯の歯茎のラインがも整いつつあります

images

正面・・綺麗に並んで下の前歯も顔を出してくれました!

images

上顎・・対称性も確立されました!

images

側面・・噛み合わせも確立し、歯茎のラインも揃いました!

当院からのコメント

矯正の期間中の繊細な歯の移動と、毎回の徹底した歯垢清掃、そして患者様の熱心な協力によって綺麗な噛み合わせが達成できました!

pagetop