ただの八重歯の治療ではなく・・|大阪市の矯正歯科 | 野田阪神駅徒歩2分のはしもと矯正歯科

はしもと矯正歯科

0664538599

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00

休診日月曜、祝日
※その他学会・研究会主催日は休診いたします

お問い合わせ

無料初診相談

医院案内・アクセス

症例紹介

ただの八重歯の治療ではなく・・

images

images

症例情報

             
お悩み あまりチャーミングではない八重歯を治療したい!
矯正法 舌側矯正・裏側矯正、透明で目立たない矯正
年代 20代
治療期間 30か月
性別 女性
歯並び 噛み合わせが深い状態です
治療のリスクについて

このケースでは歯の裏側に装置が装着されておりますので,初期段階では会話時などは舌先に装置が当たって炎症が起きる場合があります.数日から1週間程度で慣れますが,最初は注意が必要です.

費用 約83万円(税抜)

矯正のきっかけ

上顎の犬歯が飛び出している状態を俗に「八重歯」といい、中にはこれをチャームポイントと考える方もいらっしゃいます。

 

美意識は人それぞれですし、最近では「つけ八重歯」なる人為的に歯科医師が加工する場合さえあるようです。

 

ただこの八重歯も犬歯の出っ張り方によってはあまりチャーミングに見えない場合もあり、何より矯正医としては噛み合わせの観点からも審美的な観点からもお勧め出来る物ではありません。

 

このケースは「あまりチャーミングではない八重歯を治療したい!」というご希望から始まった症例です。

 

一般的な八重歯のケースは犬歯以外の部分はさほど重篤で無い場合が多いのですが、このケースは矯正学的には2級2類とよばれる、上下の顎の骨は出っ歯の関係ですが、前歯は内側に傾いて出っ歯に見えない状態です。

 

この程度が高度になるとこのケースのように犬歯がはじき出されて八重歯になってしまいます。

 

本症例では上顎はリンガルシステム(歯の裏側の装置)で治療していますが、リンガル治療は上顎前歯を外側に向けるコントロールがあまり得意では無く、治療には特別な配慮が必要です。

治療詳細

images

正面・・八重歯よりも噛み合わせが深いというポイントに’注目です

images

上顎・・犬歯は完全に歯列から飛び出しています

images

側面・・下の前歯はこの角度からもほぼ見えず、下顎にもかなり不正があることが分かります

images

正面・・八重歯はほぼ解消,下の前歯が見え始めています

images

上顎・・歯列はほぼ完成,残りスペースも僅かです

images

側面・・まだ下顎の状態によって噛み合わせが確立していません

images

正面・・対称性が確立し,犬歯本来の仕事が出来るようになりました!

images

上顎・・これで犬歯も歯列の仲間入りです!

images

側面・・噛み合わせも上がって咬合が確立しました!

当院からのコメント

患者様は治療後、「今まで笑うと唇が犬歯に引っかかって時々手で戻していたのが今ではスムースに唇が戻ります!」と喜んでおられました!

pagetop