不定期連載・・・コスト削減! 4.|大阪市の矯正歯科 | 野田阪神駅徒歩2分のはしもと矯正歯科

0664538599

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00

休診日月曜、祝日
※その他学会・研究会主催日は休診いたします

お問い合わせ

無料初診相談

医院案内・アクセス

新着情報

不定期連載・・・コスト削減! 4.

2016.08.17

4.ソフトウェア1.

歯科クリニックのような小規模事業所ではパソコンの活用がコスト削減の大いなる力となります.
全体的なな患者管理に始まり画像管理,近年では3Dデーター管理,その他材料管理や金銭管理など応用範囲は枚挙にいとまがありません.
通常一般歯科では患者様の全体的な管理,例えば現在総計何名の患者様がいらっしゃるのか?男女の比率は?住所は?電話番号は?  等々.
こういったいわゆるデータベースはパソコンの得意分野であり,いまでは殆どの歯科医院では「レセコン」なるシステムが装備されており管理を行っています.
これは元々健康保険を請求するとき,正確な記録と書類が必要になるため,それらを管理する機械として発展してきました.
ですから,国内にも沢山のメーカーがあり,購入するのも選択肢は豊富です.
ところが矯正専門医院では元々矯正歯科が保険適用の処置ではないため,レセコンでは「必要以上の機能が沢山あって,矯正医にとって必ず必要な機能がない」という状態になります.
代用させるにもシステムあたり約300万を超えてきますので,大いなるムダとなってしまいます.
そこで当院では汎用データベースソフトを使って当院のオリジナルシステムを構築しています.
これは当院が開院当初からすでに構築してありましたので,事実上タダです.
自前での開発ですので,時代に合わせて「必要な機能は足して行く,不要な部分はなくして行く」事が自由自在です.
当院のオープンは1995年ですので,かれこれ20年以上にわたってバージョンアップしています.
このシステムのおかげで一般的な管理に始まり他院への依頼書,紹介状,お礼状など必要なあらゆるデーター,文書が数クリックで閲覧・印刷可能です.
しかもデジタル化されたレントゲンのパソコンともリンクしていますし,矯正歯科の世界では必須の口腔内写真もすべてeye-fiによってメインマシンに自動的に送られます.
これらの事柄を人手で行うとかなり手間暇が掛かり,必然的に人件費が高騰しますが,当院では可能な限り自前のシステムで自動化しています.

つづく.

pagetop