小さい頃の指しゃぶり・・・高校生になると!|大阪市の矯正歯科 | 野田阪神駅徒歩2分のはしもと矯正歯科

0664538599

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00

休診日月曜、祝日
※その他学会・研究会主催日は休診いたします

お問い合わせ

無料初診相談

医院案内・アクセス

症例紹介

小さい頃の指しゃぶり・・・高校生になると!

images

images

症例情報

             
お悩み 指しゃぶりが治らず出っ歯になってしまった
矯正法 透明で目立たない矯正
年代 10代
治療期間 1年5か月
性別 女性
歯並び 上顎の前歯が出っ歯になっていて、下顎に癒合歯がある状態
治療のリスクについて

こういった前歯が飛び出しているケースでは,治療の初期段階では矯正器具が唇の裏側に当たって炎症が起きる場合があります.1週間程度で慣れて行きますが,その期間は食事などは注意が必要です.

費用 約62万円(税抜)

矯正のきっかけ

可愛い赤ちゃんの指しゃぶり。

 

 

 

街中で見かけると、何だかこちらも口角が下がって微笑んでしまいますね。

 

 

 

赤ちゃんの指しゃぶりは2〜3才くらいまではそれほど心配する必要はありません。

 

 

しかし小学生になってもまた続いていると、歯並びに悪影響が出て参ります。

 

 

 

また他にも歯科疾患がある場合、其方に目が行ってしまい不正咬合が後回しになってしまうこともあります。

 

 

 

このケースは下顎に癒合歯(2本のがくっついて1本の大きめの歯になってしまう)があり、定期検診を行っていた一般歯科医はずっとそのポイントをトレースしていましたが、結果的に小学校3年生位まで指しゃぶりを続けてしまい、年頃になって矯正治療を開始することになりました。

 

 

 

また前歯が著しく出ていると、転んだとき地面に最初に前歯が当たってしまい、歯が折れたり欠けたりすることがありますが、この方も転倒時、前歯の一部が欠けてしまったそうです。

幸い欠けた規模が小さく、歯そのもの大きなダメージはなく、通常どおりに矯正治療を行う事が出来ました。

 

 

術前の側方

 

 

 

 

術後の側方

 

 

 

出っ歯の改善が著明です。

治療詳細

images

正面・・左下23が癒合歯で1本の歯になっています

images

上顎・・前歯の出っ歯が著明です

images

側面・・この角度でも出っ歯が目立ちます

images

正面・・大分並んで来たので、前歯の欠けが分かります

images

上顎・・今少し隙間が残っています。後もう一寸!

images

側面・・噛み合わせも良くなってきました!

images

正面・・とても綺麗になりました!

images

上顎・・対称性も確保されました!

images

側面・・噛み合わせもバッチリです!

当院からのコメント

このケースでは下23が癒合歯でしたので、上下で穂の数が異なり、2本が1本になっているので大きさに差が出てしまい、残念ながら前歯の正中(中心線のこと)は一致させることが出来ませんでしたが、噛み合わせは左右で対称性が確保できました。

矯正装置を外すとほぼ同時に大学生となり、ステキな笑顔でキャンパスライフを送っているそうです!

pagetop