不定期連載・・・コスト削減! 3.|大阪市の矯正歯科 | 野田阪神駅徒歩2分のはしもと矯正歯科

0664538599

診療時間 10:00~12:30/15:00~19:00

休診日月曜、祝日
※その他学会・研究会主催日は休診いたします

お問い合わせ

無料初診相談

医院案内・アクセス

新着情報

不定期連載・・・コスト削減! 3.

2016.08.02

2.使用大型機材

開院する場所と基本コンセプトというグランドデザインが決まりましたので,それに基づいた診療機器を決定して行きました.
歯科診療機関で最も高価な機材は何か?
それは診療用チェアーとレントゲンです.
皆さんは矯正歯科で使用されているレントゲン機器やチェアーの価格が幾らくらいか想像が付きますか?
一般的なレントゲン1台,チェアー3台で約2,000万円近く掛かります.
それと同時にこの2種類の機器はハッキリ言って基本構造や基本性能は30年近く前から殆ど変わっていません.
よく歯科医院のwebサイトに「当院では最新型の診療台を用い・・・」みたいな記述がありますが,基本的な機能が変わらないので,機械としてのメンテナンスをキチンと行い,長期に渡って大切に使用して5年,10年のサイクルで目を向ければ大幅にコストを削減出来ます.
またレントゲンも基本構造は変わりませんが,近年はカメラと同様にデジタル化が進んでいます.
基本構造が変わらない機械をデジタル化された新型に買い換えるのは「動作に問題のない大部分を新しくする」事になりますので,これも大変コストが掛かります.
当院で使用しているレントゲン機器はアナログの現行機種ですが,これがデジタル化された新型は端末のパソコンを含めると,700万円以上になります.
従って当院ではアナログ機器を現像部分でデジタル化する機械を導入し,パソコンを全て自分で購入,設定することにより200万円以下で完全デジタル化しております.
また業者任せになりがちな院内LANの設定も全て時前ですので(歯科の業者さんはLAN設定でなんと1台あたり8万円とか言ってきます!)これにもコストが掛かりません.

つづく.

pagetop